「うそ!まじで!最悪だー!!!」規約をちゃんと守っていたのに削除された。
今までの報酬もすべて没収されてしまった…そんなことになる前に対策しておきましょう。

 

 

どうも。さいぞうです。

 

トレンドサイトを運営している人もかなり多くいるなかで、
アドセンス無効化、削除された経験がある人も少なくないと思います。

 

月収10万円達成できた!でもその瞬間無効化になって没収。

 

実際にそういった相談を頂くこともありました。
でも、アドセンスに頼ってしまってる以上、
アドセンスが決めたことには従うしか方法はありません。

 

グーグルが「削除します」と言ったら受けとめるしかないんです。

 

でも、削除されるというのは規約違反をしたことが理由なので
仕方ないと言えば仕方ないのですが、
アドセンス狩りで削除されてしまったら納得いかないですよね。

 

そうなる前に、アドセンス狩りのリスクを最小限に抑えましょう。
その方法についてこれから詳しく解説していきますね。

 

1.自サイト以外に広告掲載されないようにする

 

サイトのソースは誰でも簡単に見れるので、
あなたのアドセンス広告コードもすべて丸見えになります。

 

そこで、心無い人がソースからあなたの広告コードをコピーして
規約違反とされるギャンブル系、アダルト系のサイトに掲載されたら
あなたのアカウントが削除されてしまいます。

 

そんないたずらをされても削除されないように
自サイト以外に広告を配信しないように設定をしましょう。

 

アドセンス管理画面にログインし「アカウント設定」を選択します

アクセスと認証の項目から、
広告の表示を許可したサイトの「編集」をクリックします

 

チェックボックスにチェックを入れます。

 

すると、許可サイトの項目が表示されるので、
ここにアドセンス広告を表示させたいURLを入力します

 

入力したら「保存」をクリックして完了です。

 

2.クリック率が異常に上昇していないか毎日確認する

 

故意的に広告をクリックされると、
クリック数やクリック率が異常に伸びます。

 

ここで「やったーたくさん稼げてる♪」と思わないこと。笑

 

いたずらでクリックされている可能性が大なので、
クリック率は2%を超えたら、グーグルに申し立てをしましょう。

 

「クリック率が異常に伸びています。いたずらの可能性があります」
「自分は故意的に何もしていません。」

 

と、自分は無罪であることを主張しましょう。

 

まとめ

 

早め早めの対策を取っておくことで、最悪の事態を回避できます。
まずはアドセンス狩りから守るために、2つの対策を実施しましょう。

 

追伸:

無効なクリックが検出されたときの申し立てはこちら