どうも。さいぞうです。

メルマガを読んで頂いてる方限定で、「さいぞう公式LINE」の募集を実施したところ、260名の方にご登録頂きました。

ご登録頂きありがとうございます!

「さいぞう公式LINE」にご登録頂いた方限定で、僕が実際に使用している「外注マニュアル」を無料プレゼントしました。

そのマニュアルに”ある仕掛け”をしたところ、質の高いライターさんが多く集まり、僕が書くよりも数段レベルの高い高品質な記事を書いて頂けるようになりました。

そこで、僕がどのような仕掛けをしたのかについて、ここにまとめておきます。「外注マニュアル」を受け取った方は、実際にマニュアルと照らし合わせながらご確認頂ければと思います。

外注マニュアルの最初に”何を伝えるか”で印象は決まる

最初は作業手順をまとめただけの資料でした。

それまでは自分で記事更新をしていたので、自分の流れをマニュアルでまとめ、自分と同じ流れで作業をしてもらおうと考えてました。

  • テーマ選定
  • キーワード選定
  • タイトル選定
  • 見出しの付け方
  • 文章の書き方
  • 画像の挿入、編集方法
  • 内部リンクについて

クラウドワークスで募集し、約50人ぐらいの方に作業をしてもらいました。

でも…出来上がってくる記事はすべて「機械的」に作られたようなものばかり。

ライターさんの興味あるジャンルで進めてもらってるのにも関わらず、そこには自分の気持ちや意思が全く反映されてません。

たしかにマニュアル通りに進めてもらってるんだけど…

  • そんな記事を求めちゃいない。
  • なんでこんなしょぼい記事を書くんだ!
  • 読み手のこと考えてるのか!
  • こんな記事誰が読みたいと思うんだ!

なかなかいい外注さんに出会わないなぁと、最初はかなり苦戦していました。

そこでふとマニュアルを見た時に気づきました。だからダメだったんだと。

外注マニュアルを作りこみすぎはNG!外注さんの視野が狭くなるから

外注さんのことを考え、初心者の人でも作業できるように、細かく具体的に作業手順をまとめてました。

外注さんたちは、指示された通りに作業しないとお金を稼げません。なんとか依頼主の要望通りに作業しないとって気持ちが強いです。

自分なりに工夫したことが裏目にでて依頼主を困らせてしまうかも。だから余計なことはせず言われた通りにしよう。

これが外注さんの心理です。

だから「マニュアル通りに作業しないと!」という気持ちがみんな強いです。

そのマニュアルを作りこみすぎてしまうと、外注さんの視野を狭めてしまうことに繋がります。

そこで、マニュアルを全部作り直しました。

  • 自分はこのように考えてサイト運営をしている
  • だからこのように仕事をしてほしい

自分がやってきた作業内容をマニュアル化したのではなく、自分がこれまでどのように考えて記事更新をしてきたのかについて、自分の理念を伝えるようにしました。

すると、前回とは全く違った反応がありました。

  • 「ぜひ御社と仕事をしたいです!」
  • 「こういった考えをもって仕事をしていることを知り感銘を受けました!」
  • 「私も協力させて頂きたいです!」

ライティングの経験がない初心者の方でも、情熱のこもった文章を書いて頂くようになったり、本当に読者の気持ちに寄り添って書いてもらっているなぁと思う記事を書いてもらえるようになりました。

マニュアルによってここまで反応が変わることに驚きでした。

ライターさんの質が悪いからダメなんじゃなく、ライターさんの能力を引き出せない自分がダメでした。

最後にまとめると…

  • 「機械的」なマニュアルは外注さんの視野を狭め行動を制限してしまう
  • 理念に共感してくれる人を雇う
  • その結果、自分なりの理念やポリシーを持っている外注さんと仕事できる
  • マニュアルは最低限の情報だけに厳選し、外注さんの工夫や意思を尊重する
  • 「感情」に訴えかけるマニュアルは反応も良く、ライターさんの姿勢を変えれる

マニュアル作りは奥が深いです。でも根本は記事作成の心構えと同じです。

  • 読み手をどれだけ理解できているか。
  • 「私はあなたのことを理解している」と読み手に伝えられているか。
  • 読み手にどんなアクションを起こしてほしいか。

あなたのアフィリ活動の参考になればうれしいです。