間違った外注戦略と正しい自動化収益システムの構築方法

2015-06-15_111624

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


あなたの外注戦略、本当に正しいですか?

間違った意識で外注をしていると大変なことになってしまいますよ。
今回は新外注化戦略と自動化システムの構築について。

 

 

どうも。さいぞうです。

 

最近チーム生のレベルがグングンと上がってきてます。
実績やスキルもそうですが、思考レベルも確実にあがっていますね。

月収10万円を超える人も約30名前後いますし、
より高みを目指して、トレンド以外の作業も始めている人もいます。

 

いやー、チーム内でも言ってることですが、
改めて「ここのチームは最強だな」と感じます。

 

アフィリエイトのスペシャリストを生み出す
最高の環境が僕のチームにすべて整いました。

 

あとは、月収10万円達成者が続々と輩出されるのを待つだけです。
(目標は、月収10万円達成者を100名輩出することです)

 

そこで、今回は、
トレンドアフィリエイトで月収10万円達成したら
次はどうしていけばいいのか!についてお話しします。

 

僕が現在考案している、
アフィリエイトで稼ぐ黄金ルートは以下の通りです。

 

 

トレンドアフィリエイトで月収10万円達成。

トレンドサイトにアドセンス以外のASPを導入

トレンドサイトの収入を●●化して資産を構築

トレンドサイトで培ったスキルをいかして
サイトアフィリエイトに取り組む。

実績の拡大。スキルの向上。資産の構築。

情報発信。DRM。

まだまだ続く・・・

 

 

っていう感じです。

 

トレンドアフィリエイトで月収10万円達成した後、
次に取り組んでいく道としては

 

「外注化」

 

これ、色んなサイトでよく見かけませんか?
トレンドの次は外注化だ~みたいな。^^

 

トレンドサイトで稼げたら、そのサイトを外注さんにお願いして
自分は他の作業をして次のステップに進んでいく。

この方法を上手く取り入れることができれば、
完全自動で稼ぎ続けるシステムを作ることができます。

 

「じゃあトレンドで10万稼いだら外注すればいいじゃん!」

 

って、思いますよね。
でも、ここに隠された落とし穴を見つけないと
外注化のせいで大変なことになってしまいます。

 

僕は個人的に外注化をおすすめしません。

 

それは、外注のやり方を間違えている人が多いからです。

 

じゃあ、一体どういうやり方なのか。
外注化をするときに気を付けるポイントとは?

 

今回は外注化についてお話しします。

 

 

外注化のメリット

 

  • 自分が作業しなくても勝手にシステムが稼働する
  • 自分の作業時間を確保することができる
  • ある一定の収入を得続けることができる
  • 外注を増やせば収入を大きく拡大させることができる

 

 

自分が今までやっていた作業をすべて任せることができるので
自分の時間をたっぷり確保することができるので、
今のシステムを保ったまま、自分の時間を確保できるので
上手くシステムを回せば、自由にお金を稼ぐこともできます。

かなり夢の広がる良い方法ですが、
外注を下手に扱うと、大変なことになります。

 

 

外注化のデメリット

 

  • スキルやノウハウをもった外注さんである必要がある
  • どういう人を外注さんにするか選択する必要がある
  • 外注さんと自分の距離感。
  • 収益やノウハウを持ち逃げされてしまう。
  • 音信不通になる
  • 稼いでいたサイトが壊れてしまうことに繋がる。
  • 外注募集掲示板はおすすめしない

 

 

トレンドサイトにアクセスが集まって稼げているのは
キーワード選定、記事の質、SEO対策など
そういった工夫を1記事1記事配慮されているから
サイトの評価を維持し続けることができます。

 

しかし、

 

もし知識やスキルが全くない人が外注となった場合、
いくらキーワード選定を教えてもすぐにできるものでもなく、
記事の質は自分が書くものよりも圧倒的に劣ります。

 

さらに、

 

外注をしたい人の多くは、
「簡単にお金を稼ぎたい」という思考が強いので、

「キーワード選定スキルを磨こう」って言っても
「そんなの面倒くさいからやらない」ってなっちゃいます。

 

でも、そういうところで様子を伺って
外注さんのスキルレベルに落としてしまうと
記事の質は悪くなり、アクセスは集まりません。

 

さらにさらに、

 

トレンドサイトを外注さんに1記事数百円で依頼する人が多いですが、
そういう報酬設定をしてしまうせいで後々大変なことになります。

 

どういうことかと言うと・・・

 

1記事200円の報酬設定にすると
外注さんは300文字書いても1000文字書いても報酬は同じ。
なので、少しでも楽をしようとして手を抜きます。

 

ここで、「最低800文字以上」という条件を付けます。

とすれば、外注さんは800文字すれすれの記事しか更新してくれません。
だって、800文字書けば報酬を貰えますからね。

 

ここで、「良い記事を書けば報酬は伸びていきます」
という条件をつけるとします。

とすれば、外注さんは「良い記事」の判断がどこにあるかわからないので
結局対応は変わらず、面倒くさくなってとりあえず800文字書きます。

アクセスの集まらない記事をひたすら量産され、
外注費ばかりがかさんでしまう始末。

 

さらにさらにさらに

 

質の低い記事の量産のせいでサイトの評価は下がり
アクセスが激減して、圏外に飛ばされてしまったり、

もし万が一、アドセンスの規約に触れてしまったら
アドセンス停止、報酬はすべて0となってしまいます。

 

でも、だからといって外注費を払わないわけにはいきません。
だって、外注さんは記事を書く仕事をしてくれていますから。

 

となると、どうなるでしょうか?

 

破産します。

 

「外注すれば自動で稼げる」

 

これを勘違いして捉えてしまう人は
せっかくトレンドで稼げたのにも拘らず
モチベーションが低下し、挫折してしまいます。

実際にそういったことで挫折をした人を見てきたので
僕は現在外注といったことを一切しておりません。

 

僕が思うに、「外注」という言葉が大きく関係してると思います。

 

外注って、人に任せて終わり。
なんだか簡単なイメージが湧いてきませんか?

だから、外注を安易に考えて捉えてしまいがちなのです。

 

外注を一気に20人30人50人と集めていっても
一人ひとりに自分のスキルを100%インストールしなければ
自分の分身を作っていかないと、上手く回りません。

 

 

なので、外注とは、コンサル指導と同じイメージだと思った方がいいです。

 

 

ごく少数ですが、僕が実際にしているコンサル指導の中で、
コンサル料を無料にする代わり、毎月の報酬を折半したりします。

振り込まれた分に対して、毎回折半をする感じですね。

 

このような形にすれば、
相手も自分が稼ぐ為にスキルを積極的に磨いてくれますし、
継続して続けてもらえることができます。

 

 

外注は、量を集めて適当に扱うものではなく、
質重視で一人ひとりにスキルを継承するつもりで取り組む。

外注はコンサル指導と同じ。
つまり、教え方や指導力が求められる。

 

 

トレンドアフィリエイトが当たり前のように普及してる背景に
外注という言葉やイメージもすごく広まりました。

でも、外注の本質部分が上手く伝達されなかったせいで
トレンドで上手くいっても外注で失敗する人が多くいます。

 

だから僕は外注を強くお勧めしません。
しいていうのなら、コンサル指導として取り組んでほしいものです。

 

 

『じゃあ、トレンドサイトは自分独りで運営し続けるの?』

 

 

外注をしないとなると、自分で作業することになります。
たしかにそうなると、自分の作業が増えるので
他のことをしたくても時間がなくて苦労します。

ですが、その心配は必要ないんです。
特に僕のチーム生が取り組んでいるトレンドノウハウは
外注をしなくても継続して稼ぎ続ける仕組みを作っています。

 

 

僕が指導するトレンドノウハウを実践してもらうと
ほったらかしで収入を発生させるシステムが完成します。

 

 

チーム生であればわかりますよね。
月収10万円達成したら、一度更新をしばらく放置してみてください。

放置してもアクセスを集め続けて、
安定して収入を生み出してくれます。

 

なので、1日3記事更新、1ヶ月90記事以上更新していたものを
1ヶ月で3記事とか4記事更新とかにしても、
月収10万円前後の収入は安定してくれるのです。

 

 

これぞ、僕が常に問い続けている
自動化収益システムの構築です。

 

 

僕はこのほかにも、様々な自動化システムを進めていき、
5カ月連続で月収100万円前後を稼ぎ続けることに成功しています。

その一部は、人の労力を使ったシステム構築もありますが、
僕が常に提唱しているシステム構築は・・・

 

 

既に存在するシステムやツールを駆使したシステム構築です。

 

自動化収益システムには

 

  • 人的自動化システムの構築
  • 機械的自動化システムの構築

 

この2パターンがあります。

 

どちらかというと僕は前者よりも後者の方が得意なので、
後者を優先して自動化収益システムを構築してきました。

 

その結果が月収100万円の自動化収入です。

 

 

さらに今僕が実践している機械的自動化システムの構築を拡大すれば・・・

 

 

月収500万円の自動化は近いうちに達成できるなと確信しています。

 

 

そのなかで気づいたことや新しい発見などがあれば
ここで随時シェアしていきますね。

 

ではでは、これで失礼します。

 

追伸:

外注化で失敗するもうひとつの特徴は
『税金対策』ができていないことです。

外注さんに報酬を支払うときに
領収書のやりとりなどをしておかないと
売り上げ全体に税金がかかってくるので、
余分に税金を払わなければいけない、なんてことが起きます。

もし月収50万円以上、年収600万円以上稼いでるなら
税金対策を始めていかないと、大変なことになりますよ。^^;

 

追伸2:

機械的自動化システムの構築のひとつとして
僕のメインサイトが大きくかかわっております。

どこでどのような仕組みを構築しているのか。
ぜひ分析して参考にしてみてください^^

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2013/09/12
[最終更新日]2015/06/15

コメントを残す

このページの先頭へ