アウトプットすることで自分の価値を高めることができるって話

2015-06-14_100634

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


こんばんは。さいぞうです。

朝一の飛行機に乗って、現在、福岡の博多にいます。
最近、夜2時に寝て、朝8時ぐらいに起きるので、
朝6時とかに起きるのがめちゃ辛い・・・

今日は空港に迎うために8時のバスに乗るために、
7時に家をでて出発しないと行けないのに、

6:50に起床。汗涙

なんとかかろうじてギリ間に合うことができたので良かったけど、
もし乗り遅れていたら、この後の全国対面コンサルツアーの日程が大幅に崩れてしまうことに。

いやー危なかった。。。

そのリスクを回避するために、
次回から前日の夜に移動しておこうと決めました。笑

 

で、博多についてから気づいたこと。

 

今日、祝日やん。笑
しかも明日と明後日は土日やん。笑

道も混んでるし、宿泊先のホテルもどこも満室だし
駅前とかめちゃ人いるし、近くのカフェは混雑しているし。

人ごみ酔ってしまうタイプの僕にとって土日祝日はなかなか強敵。

すっかり曜日感覚無くしてしまうのがこの職業の弱点ですね。笑
旅行をするならやっぱり平日だなーと改めて思った今日この頃。

 

 

さて。

 

 

昨日のメルマガでは

「アウトプットすることで自分の価値を高めることができる」

という話をさせてもらいました。

 

今日はそれについてさらに具体的にお話をしていきたいと思います。

 

 

いやーあたらめて「アウトプット」は大事だなーと思いました。

それも、圧倒的なアウトプット量。
「圧倒的な作業量」も同じ意味ですね。

 

 

コンサル生のMさんという方は過去にダンスを経験されていて、
ウェーブっていう、両手を広げて手と胸で波を起こす手法をレクチャーして頂きました。笑

で、過去のダンスに関する話をしていたりと、盛り上がってました。

 

 

もう一人、コンサル生のKさんという方は、ナンパの経験が非常に豊富で
もはやプロレベルではないかというぐらいの腕前を持つ人です。

まぁ、ナンパって一言聞くと人聞き悪いかもしれませんが、
一対一のコミュニケーション能力が非常に高い、ということですね。

 

ここでポイントなのは、

全員「ビジネス以外のジャンルの経験が長けている」ということ。

 

 

 

ジャンルは違えども、本質は全て同じ。

 

Mさんはダンス。(他にもiPhoneアプリ開発とか)
Kさんはナンパを主としたコミュニケーションスキル。

そして僕は、陸上競技。中学高校の時の部活動のこと。

それぞれビジネスとは全く違うジャンルの話をしていたのですが、
話をしていくと、すべてのジャンルの結末が、

「ビジネスと同じ」ということ。

 

ダンスであり、ナンパであり、スポーツであり、
別々のものなのですが、すべての本質は一致している。

それが「圧倒的な作業量」と「知覚動考」

 

ダンスの場合、

ロボットダンスとかウェーブとかムーンウォークとか
いろんな技がありますが、コツをつかむまで何度も何度も練習をする。

まずはインストラクターの動きを見て知り、その流れを覚える。
その後に動いてみる。でもできない。(一発でできないのは当たり前ですよねw)

だから考える。なぜできないのか。

そしてその原因を知る。そして覚えてから動いてみる。
でもできない。じゃあまた考えて、原因を知って覚えてまたやる。

その反復回数が多ければ多いほど、
ダンスの腕と実力は圧倒的に向上していく。

 

ナンパも同じ。

Kさんが言うには、つべこべ言わずにまずはナンパをやってみるとのこと。
つまり、実際に女性に声をかけてみる。それもいきなり。

で、ほとんどの場合はできない。(これも同じく、一発目から上手く行くはずが無い)

できないという実感と難しさを体で体感した後に、
実際にナンパしている姿を目の前で成功事例をみせる。

その成功事例を知って覚えてまたやってみる。
でも失敗する。確実に。その原因を知ってまたやる。

 

 

・・・これだけ何度も事例を紹介していたら、
もう理解はできていますよね。

 

となると、もう何をするにも何でも同じなんです。
僕が経験してきた陸上競技も同じです。

走り方を知って、覚えて、やってみて、
上手く走れなかったら原因を探しては知って覚える。

その反復回数が多ければ多いほど、
速く走れるようになったり、高く跳ぶことができるようになります。
(ちなみに僕は6年間走り高跳びが専門でした)

 

このパターンからわかるように、
アフィリエイトも同じです。

 

アフィリエイトで稼ぐ方法や教材を買って知って、覚える。
そしてやってみる。ノウハウ通りに実践してみる。

でも、稼げない。これは100%そうなる。
だから稼げない理由を考えて、その原因を知る。

 

知って覚えてから動く。そこでできなかったら考える。

 

この反復回数が多い人が、月収100万円突破し、
月収1000万円を突破しています。例外無く確実に。

極論、ネットビジネスで稼げている人と稼げていない人の違いは、

1.知覚動考
2.圧倒的な作業量(圧倒的な反復回数)

この2つだけです。

 

じゃあ逆に考えてみると、
この2つを満たすことができれば、
月収100万円レベルは確実に突破できます。

僕自身もそうでしたし、他のトップアフィリエイターも皆すべて同じです。
皆例外無くこの2つの条件は確実にクリアしています。

 

どうですか?
今現在、この2つを満たすための行動がとれているでしょうか?

 

昨日のメルマガの後に博多のコンサル生とこういった話があったので、
改めて今回のメルマガでもお話させてもらいました。

こんな感じで、思い立ったことを不定期でがんがんお話していきます。
ネットビジネス活動の参考になれば幸いです^^

 

 

◆追伸

知って覚えてほしい部分なので、最後にもう一度だけお伝えしますね。

1.知覚動考
2.圧倒的な作業量

 

◆追伸2

「おれなんか、ビジネス以外のジャンルの経験とか長けてないし・・・」

実は、この2つの条件は既に経験されているんですよね。
ただ自分で気づいていないだけで、過去の経験をたどってみると、
ビジネス以外のジャンルで、同じ経験をされているはずです。

例えば、受験勉強とか、就活とかも同じです。
教科書を見て先生の話を聞いて知り、覚えてテストをする。
もし点数が悪ければその原因を知って覚えてまたテストする。

 

ただその矛先が勉強なのか、ネットビジネスなのかの違い。

「そんなことはわかっているだけど、なかなか・・・」

 

原理は全く同じなのですが、ただひとつだけ、
受験勉強とネットビジネスに大きな違いがあります。

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2014/03/27
[最終更新日]2015/06/15

コメントを残す

このページの先頭へ