稼げる人と稼げない人の決定的な違いが何か判明しました

2015-06-14_093755

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


こんにちは!さいぞうです。

正月が終わったらまた3連休ですね!

この3連休が終われば本格的に2013年が始まるってかんじで
気を引き締めて頑張りたいところですね!

僕は今年度で20歳になったので、
明日は成人式に参加するんですが、
大阪はあいにくの雨で。泣

僕は昔から行事こととなれば雨になることが多いんですよね。
雨男は嫌ですね。泣

さて、前回はチーム生の方とお話しして
気づいたことについてお話ししました。

今回も、実際に話して気づいたことについて
詳しく話していこうと思います

これからお話しすることは、
今後長期的に稼ぐためには欠かせない重要な要素です。

ネットビジネスに限らず、学校や会社でも言えることなので
自分の生活に当てはめて考えてみてください。

それではいきましょう!

 

頑張れる人と頑張れない人の違い

ネットビジネスを始める人、
または実際に取り組んでいる人っていうのは

 

  • 稼ぎたい
  • 楽になりたい
  • 贅沢したい
  • 夢を叶えたい
  • 将来の自分のために頑張りたい

 

という理由が多いと思います。

 

つまり、自分自身のために頑張っているということです。

 

稼ぎたい!と思って作業を始めたり、ブログの記事を更新したり、
稼ぐためにやるべきことをどんどんやっていくのですが、

 

  • 月5000円以上稼いでる人は全体の5%
  • 月10万円以上稼いでる人は全体の1%未満
  • 2週間以内に諦める人が50%
  • 1か月以内に諦める人が85%
  • 3ヶ月以内に諦める人が98%

 

と言われています。

 

「じゃあ才能のある限られた人にしかできないのか」

 

というわけでもありません。
特にネットビジネスであれば、やろうと思えば誰でもできるのです。

 

僕みたいに20歳の若造でも大学生でも、
社会人でもニートでもフリーターでも
男でも女でも、40代50代、還暦を迎えようとしてる人でも

やれば誰でもできるんです。

 

じゃあなんで稼げない人が多数いるのか。

 

それは、やる気やモチベーションといった
メンタル面の問題です。

 

稼ぎたい、けど面倒くさい作業は嫌。
稼ぎたい。けどなんか続かない。

 

目標が漠然としてる人は
やらなければいけないことを自覚していなかったり
どうすればお金が稼げるのか、
という全体像を把握してなかったりします。

 

だから、具体的な目標を掘り下げていき、
今やるべきことを見つけることができれば
それに伴って作業ができるし稼げるようになる!
・・・と思っていました。

 

それはそれで大事なのですが、
それだけじゃ足りないって言うことが最近分かりました。

 

その考え方を持てば、必然と作業に身が入り
稼ぐことに近付くことができるでしょう。

 

誰かのために頑張る

最近、就職してもブラック企業で悩まされる人が続出しています。

 

  • 残業がない
  • 休みがない
  • そのくせ給料が安い
  • 手当もボーナスもない

 

でもそんな悪条件の中でも
毎日必死に頑張る人はたくさんいます。

僕からすれば
「そんな悪い条件でよく働けるなぁ」って思います。

 

「なんでこんな悪い条件で働き続けることができるのだろう?」
って疑問に思うくらい。

 

なぜ頑張れるのかを考えてみたところ、
悪条件のなかでも毎日必死働く人には
皆それぞれ共通しているあることに気づきました。

 

それは・・・
【誰かのために頑張っているから】

 

僕の場合だったらそんな悪条件だとすぐに辞めるでしょうね。

ただ自分のためだけに頑張ってる人なら
自分自身がもう無理!って思ったときにすぐに辞めるでしょうね。

だって辞めても誰にも迷惑は掛からないし
自分も楽になるし、特に影響はないし・・・

 

でも、家庭を持つ人であれば、妻のために、子供のために
会社にいって仕事してお金を稼ぐ。

それがどんなに辛いことでも、待遇がどれだけ悪い条件でも

「家族のため」

その一心で頑張っている。

 

もちろん良い待遇に越したことはないし
自分のために頑張ってる人もいるけど、

優先順位で考えると
頑張ってる人は「誰かのために」努力をしているんだと気づきました。

 

これが何を意味するのか。
誰かのために働くことで
自分自身にどういう影響がでてくるのか、考えてみました。

 

そして、稼げる人と稼げない人の
大きな違いを見つけることができました。

 

それは・・・

 

ブラック企業でも必死に働く人は
「家族のため」に働きます。

逆に考えると
「家族のために働かなければいけない」ということですよね。

 

 

自分が働くことを辞めると収入が途絶え
家族を養うことができなくなります。

家族に迷惑をかけてしまう。それだけはしたくない!
だから嫌な仕事も頑張れるんだと思います。

 

このように
「やらなければいけない」という環境を持つことで
せざるを得ない空気感を自分の中で持つことができます。

 

例えば、

甲子園に出場したい!と思ってる中学生が

  • 甲子園予選落ちの野球部
  • 甲子園優勝校の野球部

どちらの高校に行けば甲子園に行きやすいと思いますか?

 

もちろん、後者ですよね。

じゃあなぜか。

 

甲子園予選落ち、そんなに強くない
つまり、野球部のメンバーが甲子園にそこまで執着心がない。

  • とりあえず体力つくり、思い出つくりってかんじで。
  • バット振れればそれでいい。遊び感覚。

という環境の中で甲子園を目指して頑張れるのか。

 

この高校に進学して野球部に入れば
「もう甲子園なんてどうでもいいや」
って思うでしょうね。

 

甲子園で優勝を経験したことがある名門校に行けば

  • みんなで甲子園を目指そう!
  • 厳しい監督、厳しい練習メニュー
  • 同じ志を持つ監督と仲間達

という環境の中で甲子園を目指して頑張れるのか。

 

野球部員全員が甲子園に向いており
そのためにピリピリした空気感を放つ。

そんな環境にいれば、
頑張りたくなくても頑張ってしまいますよね。

 

つまり、環境が違うのです。

 

  • 別に甲子園にいかなくてもいいや
  • 絶対に甲子園に行きたい!寧ろ行かなければいけない!

 

環境を整えることは非常に重要です。

僕の場合、ネットビジネスで稼げるようになってきたのは
つい最近のことです。

 

僕が、稼げない人から稼げる人になったのは
環境を作ることができたからです。

 

今までは
授業にバイトに遊びに・・・

 

ネットビジネスの作業をしようと思っても
「おい!今からカラオケいこうぜ!」
って言われたらカラオケいってました。

ネットビジネスの作業をしようと思っても
「テスト近いしな・・・勉強するか」
って考えて、テスト勉強してました。

ネットビジネスの作業をしようと思っても
「もうちょっとしたらバイトか。少し寝よう」
って感じで寝てました。

 

ネットビジネスの作業時間でいうと
1日1時間あればいいほうでしたね。

たまに気分がのって3時間とか5時間とかする時もありましたが
その反動で3日間ぐらい作業しなかったりだとか・・・

もうネットビジネスはいいやって諦めそうになってました。

 

そんなこんなが続いて2012年9月。

 

ネットビジネスの可能性に確信を持ち
大学を休学、バイトをすべて辞めました。

 

これが一番大きな要因だったと思います。

 

もう後には戻れない。やらざるを得ない環境を
自分で作り出したのです。

 

そして、家族や親戚、周りの友人にも
「おれはネットビジネスで必ず稼いで独立する!」
と宣言してきました。

 

宣言をすることで
「言ったからには必ずやり遂げないといけない」
と、無意識の領域で思うようになってきました。

 

僕だってプライドはありますし
自分の評判を下げるようなことはしたくありません。

 

「宣言したからには恥じないように結果を残さないと!」

 

その気持ちがアシストをしてくれたおかげで
精神的に辛い状況になったときでも
諦めることなく踏ん張ることができました。

 

そして、20歳の若造でありながら月収30万円を稼ぐことができたのです。

 

それと同時に、
「稼いで親孝行をしてあげたい!」
と、本気で考えて努力してきました。

 

親ももうすぐ定年。
借金と会社の倒産で家計は一気に貧しくなり
父も母も、自分がやりたいことを抑えて
すべて家族のために、僕らのために尽くしてくれていました。

 

今考えると、両親も相当な努力をしてきたんだと思います。

 

両親も年だし、
セカンドライフを自分の趣味で楽しんでもらいたい。
僕が両親を養ってあげるくらいの勢いで頑張っています。

 

  • やらなければいけない環境を作った
  • 誰かのために努力をし続けた

 

この2点が、稼げない僕を稼げる僕に変えたのだと思います

 

現にネットビジネスで稼いでる人を見ていると
何かを犠牲にしたり、何かのために頑張ったりして

やらなければいけない環境に
自分を落とし込んで努力している人が多いです。

 

むしろ、それができてる人は全員稼げてます。

 

仕事でも同じです。

やらなければいけない環境を持ってる人は
どんなに辛いことにでも耐えて頑張れます。
勉強でも同じです。

やらなければいけない環境を持ってる人は
嫌いな勉強も頑張って取り組むことができます。

 

【やらなければいけない環境を整える】

 

そのためには多少の犠牲も伴うでしょう

でも、これができるかできないかで
あなたの将来は大きく変わってくるでしょうね。

 

「でもいきなり学校や会社辞めれないし」

という人におすすめなのがこちらです!

 

やらないといけない部屋に改造する

といってもやることは簡単です

 

  • やるべきことを紙に書いて見えるところに貼りつける
  • できてなかったことを紙に書いて見えるところに貼りつける

 

これだけです。

 

  • これからすること
  • これまでできてなかったこと

 

これを頭で考えるだけじゃなく、紙に書いて具現化するんです。

 

そうすることで無意識の領域に問いかけることができ
「やらないとなぁ・・・」って自然に思うようになります。

 

一度試してみてください!

 

かなり長くなってしまいましたね。笑

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

それではこの辺で!

 

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2013/01/13
[最終更新日]2015/12/02

4 Responses to “稼げる人と稼げない人の決定的な違いが何か判明しました”

  1. 園山恭平 より:

    メンタル、やるべきことの理由、大切ですよね。
    気を引き締めて頑張ります。

    • saizou01 より:

      園山さんへ

      コメントありがとうございます!
      そうですね!いかに気を引き締めれるかどうかで今後変わってきますね!
      メンタル重要です!

  2. まさあき より:

    凄く熱い文章だったので、
    僕は長文を読むのが苦手なんだけど、
    最初から最後まで全部読んでしまいました。

    企画も素晴らしい企画です!

    僕はイラスト関係は自分でやるつもりなので参加はしませんが、
    そうでなければ絶対参加してたと思います。

    きっとこの企画は成功しますよ!
    頑張ってください。

    • saizou01 より:

      まさあきさんへ

      コメントありがとうございます!
      そう言って頂けてうれしいです!ありがとうございます!

      参加者も続々と増えていき、僕もさらに気合が入ります!
      必ず成功させます!そのために頑張っていきます!

      今後もよろしくおねがいします!

コメントを残す

このページの先頭へ