プロダクトライフサイクル・マーケティングについて動画で詳しく解説をしていきます。

 

 

出会いがあれば別れもある。生があれば必ず死がある。
人と同じように、モノや情報にもライフサイクルがあります。

まずはその流れをしっかり把握しておきましょう。

  1. 導入期
  2. 成長期
  3. 成熟期
  4. 衰退期

 

1.導入期

コンテンツが開発され、販売を開始する時期で、

需要は部分的で新規開拓が勝負となる段階。

コンテンツの認知度を高めるために

積極的にプロモーションを行い、 市場を拡大していく

 

2.成長期

市場でコンテンツの価値が浸透し、受け入れられる時期で、

他社との競争が激化する段階。

この時期は売上も伸びて実績がついてくるが、同時に自己投資も増えてくる

 

3.成熟期

需要が飽和した時期で、 製品の差別化や市場の細分化が明確になる段階。

コンテンツの改良やスタイルの変更など、 コンテンツの維持、利益の確保をしていく。

 

4.衰退期

需要が減っていき、売り上げと利益が急激に減少する時期。

次のコンテンツのリリースや代替市場への進出を考えていく必要がある。

 

これを読者の信頼残高に見立てて考えていきましょう。

 

信頼残高を高めるコピーライティングはこちら
コピーライティングセミナー「3つのingの法則」