SIPSマーケティングでソーシャルメディアの消費者行動心理を解く

2015-06-15_111624

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


ソーシャルメディアの消費者行動心理「SIPSマーケティング」
について、動画で詳しく解説をしていきます。

 

 

 

  1. Sympathize(共感)
  2. Identify(確認)
  3. Participate(参加)
  4. Share&Spread(共有・拡散)

 

ソーシャルメディアコミュニティ内で起こる消費者行動心理のことを言います。
ツイッターやフェイスブックが流行しているなか、
SNS内部でおこる購買意欲や消費者行動は非常に強力で
口コミによるバイラルマーケティングを使って宣伝する企業も増えてきています。

これを個人でも使わない理由はないですよね。

流れやイメージはIDDマーケティングと似ていますので
こちらの動画も合わせてご視聴ください。

IDDマーケティングはこちら
http://sa-blog.jp/market-idd-6416

他の消費者行動パターンはこちら

AIDMAマーケティング
http://sa-blog.jp/market-aidma-6422

AISASマーケティング
http://sa-blog.jp/market-aisas-6420

マーケティングリサーチ
http://sa-blog.jp/market-research-6537

 

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2013/03/06
[最終更新日]2015/12/29

コメントを残す

このページの先頭へ