3時間熟睡法を使ってアフィリエイト作業時間を確保する方法

2015-06-14_100634

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


あなたのモチベーションを高めるためのビジネスマインドセミナー「3時間熟睡法」
ということで動画で解説をしていきます。

 

 

どうも。さいぞうです。

意外と軽視してしまいがちな睡眠。

効率よく作業を進めていくために体調を整えて健康に過ごしていくために
睡眠は欠かせません。

寝ないで頑張ってます!徹夜して頑張ります!
っていう人がいますが、夜はなかなか集中できないんですよね。

してるつもりになっていても脳みそが疲れちゃっているので
考えて行動したりとか、質の高い作業とかできません。

 

最も良いのは、早めに寝て早めに起きることです。
そして朝早く起きて作業をすること。

脳は午前中が一番元気なので1日の中でも一番集中できる時間帯なのです。

遅寝遅起きをしてる夜型人間になってる人は
早寝早起きのリズムに変えて朝型人間になってみてください

作業の質は劇的に変わってきますよ。

あと、本業や学業が忙しくてなかなか時間が取れない場合、
パソコンに向かって作業をする時間がなかなかとれないですよね。

頑張っても1時間とか、2時間とか。
でも最初はわからないことが多すぎるから時間がかかるし
あっという間に時間は過ぎるし作業は進まないし。

自信喪失してやる気が無くなり、行動できなってしまいます。

最初は知識を得たり、仕組みを把握するために
下積みや土台構築作業というのは欠かせません。

 

なので、最初は時間がかかって当たり前なのです。

仕事やバイトも、最初は全く分からないけど、徐々に覚えてできるようになってきますよね。

 

それと同じです。なので最初は時間をかけていきましょう!

そこで、時間を確保するために睡眠時間を削る方法があります。

 

あなたはいつも何時間寝ていますか?

 

日本人の平均的な睡眠時間は8時間と言われています。
つまり、人生の3分の1は寝ているということになりますよね。

でも、人間のメカニズムや睡眠のメカニズムを考えると
睡眠時間は8時間も必要ないのです。

そこでおススメなのがこちらの書籍。

 

 

なんと、睡眠時間を3時間にすることができるのです。
8時間寝ている人が3時間で寝れるようになれば
1日で5時間、1ヶ月で150時間を他に使うことができます。

 

これってすごくないですか?

 

ネットビジネスの作業時間が1日5時間も確保できれば
知識の吸収も早くなるだろうし、仕組みや流れも把握できますよね。

つまり、短期間で稼ぎやすくなるということです。
どうしても作業時間が足りない方は是非お試しください^^

 

 

次のビジネスマインドセミナーはこちら

⇒ Part12「良いアイデアを生み出す方法」

 

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2013/02/28
[最終更新日]2015/12/29

One Response to “3時間熟睡法を使ってアフィリエイト作業時間を確保する方法”

  1. 持田涼子 より:

    さいぞうさん

    結論から言いますと、

    3時間睡眠法、大正解です!!

    実は、今朝の状態がそうでした。

    夜中の2時半に眠って5時半に
    パッと目が覚め今の午後の時間まで、
    これまで眠っていた7時間睡眠のときと
    なんら遜色なく一日を過ごせています。

    全く眠くありませんし、疲れもなくスッキリとしています。

    毎朝5時には起きるのでいつも11時には
    眠るようにしていたのですが、昨夜は金曜
    ということもあり夜更かしし、けれど毎朝の
    習慣のため5時には目が覚めてしまいます。

    今朝は5時半に起きましたからきっちり
    三時間睡眠法を期せずして実行したことに
    なりますが、今これだけ眠気もなくすっきりと
    疲れも感じずに過ごせているということは、
    これまでの睡眠時間は多すぎたのでは?
    と、少し悔しい気持ちにさえなってきました。

    この3時間睡眠法は理にかなってもいるので、
    毎日ではないにしても活用していくことが
    できると思いました。

    今回も新しい気づき、ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ