ももいろクローバーZが人気急上昇で売れている理由

2015-06-14_075411

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


先日旅行に行ったとき、車のなかで
兄がずっと「ももいろクローバーZ」の曲を流していました。
兄と姉がももクロのファンらしく、途中のコンビニでクリアファイルを買うほど。笑

僕も最近テレビなどでちょくちょくみかけますが、
正直、なぜももいろクローバーZが人気なのか、疑問に思っていました。

そこんとこを姉と兄にも聞いてみました。
『なんでももクロを好きになったのか?』

すると、答えは『なぜかと聞かれるとわからない』とのことでした。笑

僕はミスチルが大好きでほとんど毎日ミスチルの曲を聞いて育っています。
兄弟みんなミスチル好きなので、よく兄弟そろってライブにいったりしてます。

それぐらい大好きです。

でも、姉と兄はももクロが好きな理由がわからないっていいます。
きっかけは、YouTubeでたまたま見てたらどんどん見入ってしまい、
気が付けば好きになってた、らしいです。

さらに話を聞いていると、

  • なんとなく好き。
  • 見ていて応援したくなる。
  • アイドルだけど他とは違う。

ということを話していました。

 

ももクロが人気なワケ

と、ここで僕は考えました。ももいろクローバーZが人気である理由が。

『アイドルだけど他のアイドルとは違う』

ここだと思います。

アイドルといっても、芸能界には無数のアイドルがいます。
いまではAKB48をトップにして様々なアイドルがいます。
でもそのほとんどが公の場にでることはなく、売れません。ヒットしません。

その理由のひとつに、どれも似たり寄ったりなものばかりだからです。
かわいらしい服装をして、ダンスをして、歌を歌って、

しかしももクロの場合は、今までの『アイドル』のイメージを大きく超えたものが
他とは違うオリジナルなブランドが存在してるんだと思います。

 

オリジナルブランドを作り上げる

これはネットビジネスでも同じようなことがいえます。

現在、日本で一番売れている商材の『ネットビジネス大百科』は
アフィリエイターであればほとんどの人がこの商材をアフィリエイトしています。
なぜかというと、他の商材と比べて「売りやすい」から。

価格もそこまで高くないし、レビューや口コミの評価もピカイチだし、
返金保証があるので比較的購入されやすいからです。
そう思ってアフィリエイターはみんなこの商材を紹介宣伝しています。

でも、みんながみんな同じようにしていては売れません。
だってどの人から買っても、買う人にとったらどこでも一緒だからです。

どこにいってもファミリーマートしかない状態です。笑

そこで、商材を買ってくれた人に特典を付けたりして
他のアフィリエイターと差別化をしようと図ります。

しかし、それもみんな同じように特典をつけるので結果変わらないです。
特典がついて当たり前なので、特典がなければ話になりません。

 

そうなってくると、特典を持っていない初心者アフィリエイターの人からは売れずに、
特典をたくさん持っている熟年アフィリエイターの方へと偏ってしまいます。
その方が購入者は、特典をいっぱい貰えるので得をするからです。

 

あなたはいま、ファミリーマートでからあげ君を買おうと思ってるとします。
町中どこいってもファミリーマートしかありません。

でも、店によって「からあげ君1個増量中!」と書いてる店と、
通常通り売ってる店ではやっぱり増量中をしてる店から買いますよね。
からあげが5個でも6個でも同じ料金なら、普通は6個選びますよね。

 

それと同じ考え方です。
このままでは、初心者アフィリエイターはいつまでたっても稼ぐことができません。

だから、他とは違うオリジナリティを作り出し、差別化するんです。

町中ファミリーマートであれば、自分はローソンにしてみる、とか
他とは違うことをすることで、自分から購入してもらえます。

自分の世界を作り出し、そこに顧客を呼びかける。

人と違うことをすることで価値が生まれる。

この方法を取り入れることで、初心者アフィリエイターでも一気に稼ぎ出すことができます。

 

そのためにも、自分は何を得意としているのか、自分の強みなにか、
どのようにオリジナル化をするか、など自己分析をすることも大切ですよ。

自己分析をするならブレインダンプ法がおすすめ!

 

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2012/07/30
[最終更新日]2015/12/29

コメントを残す

このページの先頭へ