どうも。さいぞうです。

通販番組っておもしろいですよね。笑

先ほどこんな通販番組を見かけました。

 

 

これみたことありますか?

 

通販番組で取り扱う商品って、
基本的に売れ残ったものや一昔前のものが多いです。

 

発売したばかりだとか、機能性が良ければ
わざわざ通販で売らなくても売れますからね。

 

通販で売るということは、
そうしないと売れないものってことです。

 

つまり、通販番組を分析することができれば
商品をセールスするテクニックやノウハウを学ぶことができます。

 

じゃあ、通販番組を見ながら一緒に分析してみましょう!

 

  1. 上の通販番組動画を見る
  2. 気づいたことを書き出していく
  3. ある共通点に気付くことができる

 

この方法で僕もやってみました。

 

ついに日本上陸!

⇒期待感を高める。希少性を出す。

 

アメリカで30万台以上売れている

⇒社会的証明。バンドワゴン効果。
「こんなにたくさん売れてるんだぁー」と思わせる。

 

さらに進化!新登場!

⇒これから紹介するモノはすごいんだ!と強調させる。

 

1台で全身シェイプアップ。

⇒ベネフィット提示。
視聴者が反応するフレーズを使うことで親近感を出す。
たったこれだけでこんなに!と、すごいモノだと思わせる。

 

気になる体重もポッコリおなかを解消

⇒ベネフィット提示。
視聴者の悩みを解決するモノであると伝える。
すべての女性に共通する悩み。

 

サイクルツイスタースリム。トリプルアクション。

⇒かっこいい名前。ブランディング効果。
「すげぇ」と思わせる。相乗効果。

 

女性でも安心。コンパクトでスリム

⇒安心感を与える。ベネフィット提示。

 

専門化による分析結果。研究で発表。具体的なデータ。

⇒主張を裏付けるデータ。専門家による権威づけ。

 

検証結果。実際に試してもらいました。

⇒主張を裏付けるデータ。成功事例の紹介。

 

カロリー消化。内臓脂肪の減少。

⇒ベネフィットの提示。ターゲットの悩みを解消。
自分もそうなりたいと憧れを抱く。

 

筑波大学。実験。

⇒権威づけ。信憑性を高める。

 

グラフでデータを視覚化。

⇒主張を裏付けるデータ。
実際の効果を伝える。信憑性の向上。

 

これ一つで全身12か所!

⇒すげぇと思わせる。圧倒的技量。

 

メタボ予防。肩こり予防。筋力低下の予防。シェイプアップ。

⇒ベネフィットの提示。自分もそうなりたいと思わせる。
ターゲットの悩みや欲の羅列。

 

無理のない運動。

⇒理想。そうなりたい。そうしたい。
ベネフィットを膨らませる。

 

白衣を着たおじさんの論理的解説。

⇒えらそうな人が話すことの権威づけ。
データの信憑性を高める。論理的解説で納得させる。

 

負荷を調整。スキャンコンピューター搭載。

⇒なんとなくすごそう。商品の期待感を持たせる。
機能的価値。商品本体が持つ能力や価値。

 

高齢者も安心。

⇒ベネフィットの提示。
高齢者も使えるんだ、という安心感。
高齢者も使ってるんだ、という社会的証明。バンドワゴン効果。

 

室内で安心して利用できます。

⇒ベネフィットの提示。安心感を植え付ける。

 

1日わずかな時間。

⇒ベネフィットの提示。
自分でもできそう、と思わせる。

 

商品本体が持つ機能的価値と
商品を手にすることで欲や悩みが解決する感情的価値を
ガンガン植え付けて視聴者の想像する価値が
最後に表示される価格を大幅に下回れば
視聴者に商品を買ってもらうことができる。

 

つまり、価値が価格を超えたときに人は購入するのです。

 

この通販番組では、さらに価値を高めるために
こういう工夫もしていますね。

 

きれいな女性を出演させる

憧れ。自分もああなりたい。
人は憧れを持つと「欲しい」と思う。
その欲望が商品に移行していく。

 

視聴者の心理と潜在意識に問いかけることで
別に欲しくなかったモノでも、欲しいと思わせることができる。

 

このようにして通販番組は商品を売ることができます。
これはこの通販番組だけでなく、すべての通販番組いえることです。

 

テレビで見かけたときには
「どうやって買わせようとしているのか?」
と、出演者の気持ちになって考えてみてください。

 

このように、視点を変えて物事を考えることは非常に大事です。

 

自分の考え方や価値観も刺激されるし、
学んできた知識やノウハウの再確認もすることができますからね。

 

ぜひお試しください!