2012年1月あたりからツイッターアフィリエイトが注目され、
様々な自動ツールが発売されてきた。
でも、今は当時とは状況が一変し、今までのような使い方ではツイッターはもう使えない。
じゃあ、これからツイッターとどう向き合っていけばいい?

これからツイッターをどのように使っていけばいいか
僕の実験結果とともに分析結果をご報告します。

 

ボット機能を利用して役立つ情報をつぶやけ

  • 雑学ネタ
  • お笑いネタ
  • ダイエットネタ
  • 恋愛ネタ
  • 裏技ネタ
  • 豆知識ネタ
  • 話のネタ

 

ツイッターユーザーがいかにも知りたがるような
情報をまとめてボットに登録しておき、全自動でつぶやくボットアカウントを作成する。

ボット機能をする場合は、個性をいれることができないので、
直接メルマガとかブログに誘導することはできない。

でも、メインアカウントで誘導ツイートをしておき、
ボットアカウントでメインのつぶやきをリツイートすれば

自然な流れでURLをボットアカウントで流すことができるので
アクセスを上げることができる。

 

■自動DMは使うな!

自動DMツールが大量にばらまれたせいで、みんなDMをして誘導するようになった。
だから、受け取る側は一日に10件以上もDMが来てかなりうっとうしい状況になる。
そうなってしまったため、DMからの誘導は不信感を与えてしまうため、やらない方が良い。

 

■URLばかりつぶやくな!

URLばかりつぶやく場合は、専用のボットアカウントを作成して
そっちで自動でURLを呟かせるように設定すればいい。
あくまでも、メインアカウントではボット機能は使わないようにしたい。
メインアカウントはなるべく自分の日常や思ったことなどをどんどんツイートしていこう。

 

■フォローは1日20人まで

ツールを使ってる人は、フォローを一日に20人までに設定しておこう。
そして、たまにはフォローとフォロワーを管理して、ボットや関係ないアカウントを
手作業で削除していこう。

フォロワー数1万人いても、全員業者とかボットとかだと集客効果はほとんどないと思って言い。

なるべく普通に利用しているアカウントを残すようにしていく。そしてできるだけツイッターで交流を深めていく。

 

■プロフィールは他愛のないキーワードを使う。

  • ネットビジネス
  • お金を稼ぐ
  • 副業
  • アフィリエイト
  • お小遣い稼ぎ
  • 稼ぐ方法教えます

というキーワードは、プロフィールでは使わない方が良い。
そのキーワードを見た瞬間に逃げてしまう人、不審に思う人がいるから。
そういうキーワードを使いたい場合は、たまにつぶやく程度にしておこう。
といっても、呼びかけることはしないでおきたい。

「稼ぐ方法教えるのでこちらまでいつでもどうぞ!<URL>」
ってつぶやいても、不審に思うだけです。

 

なので、呼びかけるのではなく、自分にい行きかせるようなツイートにしていこう。
「もっともっとビジネスを頑張らないと!」
「今日は○○をしたけどまだまだだな。明日はこれの倍はするぞ!」
というように、自分の作業報告や思考や意見など自分の言葉をどんどんツイートしていこう。

そして、自分のツイートを見た人が、自発的に自分に興味を持つ工夫をしておく。
「興味を持って!」といわれると、その通りにしたいと思わなくなる。

 

つい逆の行動をとってしまう

人ってなぜか逆のことをしたがりますよね。
入るな危険!っていわれてるのに、つい入ってしまう。
笑わないで!っていわれているのに、つい笑ってしまう。

なので、「教えますよ!」とか「ぜひ登録して!」とか言うのではなく、
読んだ人が自発的に「いろいろ聞きたいな」って思われるようなツイートをしていかなくてはいけません。

これが重要です。

今の情報社会は情報がとてもあふれてきています。
情報を仕入れなくても勝手に情報がはいってくる。
情報が独り歩きしてやってくる社会になっています。

だから、情報を知りたい人というのは、
自分から情報を得るのではなく、自分の意思で情報をシャットアウトするのです。

だから、読む人に選ばれるような情報を発信していかなくてはいけません。

常に読む人のことを考えながらツイッターやブログ、メルマガを使っていくだけで
その意識は文章にも現れ、自然に読んでもらえるような文章になります。

ツイッターは現在、無料レポートスタンドのようにすれてきてはいますが、
まだまだ使い方次第で使えます!

なので、ツールを使ってる人は一度ツールを全停止して、
手作業でツイッターを利用してみましょう。また新しい発見があるかもしれないですよ!

ツイッターで集客をしたい人はこちら
ツイッターで3000RT稼ぐ方法。口コミ集客法