Twitterアカウント凍結基準と条件をまとめてみた

2015-06-14_075041

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


Twitterアカウント凍結されてませんか?
ここ最近ツイッターの規約がどんどん厳しくなってきているので
凍結を防止するために、常に状況を読んで行動していかなければなりません。

ツイッターのアカウントには、現在2種類確認されており、
2011年12月31日まで作られた古いアカウントと、
2012年1月1日以降に作られた新しいアカウントに分類されます。
ここでは、古アカウントと新アカウントと説明していきます。

古アカウントの凍結防止方法

入手方法

古アカウントを作り出すことは不可能なので、何らかの方法で入手しなければならない。
友人などに使わなくなったり、放置されてるアカウントがあれば譲ってもらう。
古アカウントを何らかの方法で購入する。

 

基準

フォロワー2000人以下の場合

  • フォローは1日に290人まで。
  • フォローは1度に48人まで。
  • アンフォローは1日に190人まで。
  • アンフォローは1度に48人まで。
  • 自動DMは一日に90通まで。

フォロワーが2000人以上の場合

  • フォローは1日に480人まで。
  • フォローは1度に60人まで
  • アンフォローは1日に300人まで
  • アンフォローは一度に65人まで
  • 自動メールが一日に80人まで。

 

新アカウント

ツイッター新規アカウント作成はこちら

 

基準

フォロワー2000人以下の場合

  • フォローは一日に30人まで
  • フォローは一度に15人まで
  • アンフォローは1日に30人まで
  • アンフォローは1度に15人まで
  • 自動DMは一度に15人まで

フォロワー2000人以上の場合

  • フォローは一日に60人まで
  • フォローは一度に30人まで
  • アンフォローは一日に60人まで
  • アンフォローは1度に40人まで
  • 自動DMは一度に30人まで。

ここを徹底しておけばアカウント凍結のリスクは最大限抑えることができます。

ツイッター凍結基準一覧はこちら
⇒ ツイッター集客の現状と対策方法

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2012/07/28
[最終更新日]2015/12/29

One Response to “Twitterアカウント凍結基準と条件をまとめてみた”

  1. […] Twitterアカウント凍結基準まとめ […]

コメントを残す

このページの先頭へ