エックスサーバー(XserverX10)から独自ドメインを取得する方法

2015-06-15_112208

【PR】
ロングセラーアフィリエイト教材
LUREAはやっぱり稼げないか?

【PR】
トレンドアフィリエイト
芸能サイトはもう通用しないのか?

【PR】
社会不適合者診断テスト
就職に向いているか30秒で診断します

【PR】
手動ペナルティ原因と対策
2015年も芸能サイトで稼げるか?


エックスサーバーの導入方法について
動画で解説をしていきます。

 



 

 

 

 

エックスサーバーの導入がまだの場合はこちら

⇒ エックスサーバーの導入方法

 

独自ドメインを取得したら、
次はワードプレスをインストールしましょう!

⇒ ワードプレスをワンクリックで簡単にインストールする方法

 

日本語ドメインを取得するなら
ムームードメインで安く取得できるのでお勧めです。

⇒ ムームードメインでドメインを取得する方法

 

日本語ドメインに変換するならこちらを使ってください。

⇒ ピュニコードの変換サイト

 

 

ドメインによるSEOの強弱は

  1. 日本語.jp
  2. 日本語.com(日本語.net)
  3. saizou01(半角英数字).jp
  4. saizou01(半角英数字).com(saizou01(半角英数字).net)

という順になります。

日本語ドメインは検索上位に上りやすいという傾向があります。
「日本語.jp」や「○○○.jp」といったものが強いです。
ですが、日本語のキーワードに特化したサイトでないと効果は期待できません。

例えば「ネットビジネス.jp」なのにダイエット系を紹介してるとか
「トレンドニュース.jp」で広いジャンルを取り扱うとか

日本語のキーワードに合っていないキーワードがあると意味がありません。
なので、特化サイトを日本語ドメインで作ると非常に強力です。

例えば、物販アフィリで「青汁」を紹介するサイトを作るのであれば
「青汁.jp」にして青汁のことだけを徹底レビューしてくとか。
「アフィリエイト.jp」にしてアフィリエイトのことについて情報発信するとか。

特化サイトを作るのであれば日本語ドメインがおすすめです。

ですが、稼ぐ系サイトやメインサイトを運営するのであれば
「sa-blog.jp」のようなもので十分です。
あとはいかにSEO対策を施していくかでアクセス数は変わってきます。

このサイトでも、被リンクや内部リンクなどSEO対策をし続けていけば
検索結果に上位表示をされたり、1位表示をされたりします。

なので、結局は質の高い充実したサイト作りをしなければいけません。

ペラサイトを作って検索上位に来る場合もありますが
それはいつかペナルティを食らう可能性もありますし安定したアクセスも見込めません。

ドメインはあくまでも補助的な役割なので
サイトの質を高めていきさえすればアクセスは集められます。

 


メルマガでこっそりお話ししています










まずは半年間で月5万円の副収入を目指す





[記事公開日]2013/02/16
[最終更新日]2015/12/29

コメントを残す

このページの先頭へ